パン好きの人要注意?

正直に申しますと私はパンが大好きです。ハワイからNYに移住してパンの消費量は断然アップしました。、NYには美味しいパン屋さんが沢山あり手軽に買えます、そして本物のベーグルやフレンチクロワッサンが手に入るというので通りがかりに立ち寄るというのが頻繁になりました。しかし、小麦、厳密に言えば小麦、大麦、ライ麦などの穀物に含まれているグルテンと言うたんぱく質が色々な病気の原因になっているというショッキングな事実が発覚しました。私はグルテン不耐症の典型的な症状をもっていないので、まったく気にしていませんでした。しかし、グルテン不耐症及びセリアック病を持つ人はその他の症状が発生するというのです。そのうちの1つが貧血。私は毎年健康診断ですべて異常なしなのに「貧血」というのがいつも引っかかっていたのです。また心臓専門医で「ウィート・ベリー(小麦腹)」というニューヨークタイムズ新聞のベストセラーになった本の著者でもあるウイリアム・デイブス医師は「麦はアメリカの肥満人口をもたらすもっとも大きな要因の1つである。そして麦を食生活からなくすことによって体重を減らし、最適な健康状態を保つことができる」と2,000人以上の患者さんを診た結果からこのような意見を述べています。

グルテン不耐症(以下GI)と現在アメリカで133人に1人がかかっているというセリアック病(以下CD)の症状は似ていて典型的な症状は

  • 再発性の腫れ、ガス、腹痛
  • 慢性の下痢あるいは便秘、あるいは、その両方
  • 吐き気
  • 不明体重喪失
  • 青白い、臭いにおいがする大便
  • 成長障害(乳児)
  • エナメル質(ほうろう質)の歯退色あるいは損失
  • 被刺激性
  • 頭痛

などです。しかしこれらの症状以外にCD及びGIを持つ人は下記のような疾患が現れると言われています。

鉄欠乏性貧血、疱疹状皮膚炎、 I型糖尿病、関節リウマチ、シェーグレン症候群、骨あるいは関節痛、骨粗しょう症、態度変化 / うつ状態 、疲労、衰弱あるいはエネルギーの欠如、発育や思春期の兆候の遅れ、月経期間の逸失、男性および女性の不妊症、自然発生的な流産、口の中の口囲潰瘍、けいれん、自己免疫性甲状腺疾患、自己免疫性肝疾患

CDは小麦、ライ麦、カラス麦、大麦に含まれているグルテンというたんぱく質に対して免疫介在型の中毒反応が発生し、小腸に損傷をもたらして食物が適切に吸収されなくなります。なので典型的な症状では下痢や栄養失調、体重減少が起こるのですが、長期にわたりCDに起因した上記に表示したような病気が発生します。その人がどれだけ母乳で育ったか、いつからグルテンを含む食べものを摂取するようになったか、またどれぐらいの量のグルテンを摂っているかによって、1人1人の症状が異なると言われています。上記の症状があわれていてもすぐに医者はセリアック病とは判断せず、原因不明とされ長期にわたって上記の症状や疾患に悩まされている人が多いのです。また全く症状のでない人もいます。

CDは生涯のいかなる時にでも発現する可能性があると言われ、手術、ウイルス感染、激しい情動ストレス、妊娠あるいは分娩の後に初めて引き起こされます。診断は血液検査と腸生検を行います。しかし検査の結果でCDと判断されなくてもGIということもあります。また一般的な小麦アレルギーとCD/GIは全く違います。小麦アレルギーは食物アレルギーで、特定の食品を飲食すと、体内の免疫系が摂取した食品(=抗原)に対して過剰に反応することによって起こる疾患で、不必要に不快な結果をもたらす自己免疫反応ともいえます。従って、皮膚炎や蕁麻疹、くしゃみ、鼻づまり等、食物アレルギー特有の症状は、アレルギーの対象物の食品(抗原)が引き金となり、自己免疫の過剰反応の結果として、生じるわけですので、症状は食品によって直接引き起こされるわけではありません。

CD/GIの治療法はグルテンを食生活から除外するしかありません。大麦、ライ麦、小麦を含まない食品を摂取するのですが、難点なのが、パン、うどん、パスタなど明らかに小麦でできている食品の他に加工食品、調味料やルー(カレー ルー、シチュールー、ホワイトソース、ソース、ケチャップ、ドレッシング、醤油など)にも小麦が含まれているので、かならずラベルを読むか製造元に問い合わせることをお勧めします。アメリカではグルテンフリーの食べ物が沢山出回っているので、パスタやパンもグルテンの入ってないものを食べることができますが、日本ではあまり見かけませんね。またお醤油味のものが多いので、小麦を含まないお醤油も中々手に入らないのが難点です。

出典:National Digestive Diseases Information Clearinghouse  http://digestive.niddk.nih.gov/ddiseases/pubs/celiac/

National Foundation for Celiac Awareness http://www.celiaccentral.org/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中