見えない危険

サステイナブルイメージ地下鉄の中や道を歩いているとワイヤレス・イヤホンを付けている人を多くみかけるのですが、そのたびに私はゾッとするんです。ワイヤレスですから紐が絡まったりしなくて、かっこよく見えますが、私にしたら無駄なおもちゃとしか思えません。電磁放射線のことを彼らはわかっているのでしょうか。。。

米国連邦通信委員会 (Federal Communications Commission – FCC)は米国食品医薬品局と同じく市民の健康のことなど実は全く考えていないのではと思うのです。FCCは放送通信事業の規制監督を行うアメリカ合衆国政府の独立機関なので携帯電話からの電磁放射線の安全性を確認し、携帯電話のメーカーに対して厳格なポリシーを作成する必要があります。しかし、電磁放射線の人体への影響を測定する際に用いられるFCCの基準はあってもないようなものなのです。FCCのウェブサイトに行くと現在無線またはマイクロ波デバイスから放射される放射線の安全なレベルに関する国内または国際的な「標準」がないと記載されているのです。1996年、FCCは数十年前の研究に基づいてドイツに本部を置く国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)が開発した「ガイドライン」を採用しました。 この「ガイドライン」は、一般の人々があらゆる危害から保護されていることを確認するための適切な長期安全性テストが行われなかったため、「標準」よりもはるかに低い確実性を持っています。

 

FCCガイドライン

FCCのガイドラインは、比吸収率(SAR)の観点から携帯無線機器の暴露限度を指定しています。SAR(Specific Absorption Rate)は、人体への特定部位に加えられた電磁波エネルギーの比吸収率を意味しています。携帯無線機器からの放射能周波数エネルギーへの暴露の場合、許容されるFCC SAR制限は、1グラムの組織で平均して、1.6ワット/キログラム(W / kg)です。コンプライアンスを実証するために、携帯無線機器メーカーは2つのテストを実施するように指示されていて、携帯無線機器を頭に当てたとき (Head SAR 試験) と、身体から1インチまで持ち上げたとき (Body SAR 試験)のみです。

 

偽のコンプライアンス

AppleやSamsungなどの携帯電話会社の製造は、この数十年に作られた古いガイドラインに従っています。しかし、アメリカ合衆国の中西部における主要な新聞社であるシカゴ・トリビューン (The Chicago Tribune) が、認定ラボで連邦政府のガイドラインに従って11台の携帯電話をテストしたところ、無線周波放射がFCCによって設定された上記の暴露限度(1.6W/kg)を超えてフルパワーで動作する携帯電話機があることを発見しました。そしてこのシカゴトリビューンの調査報告をきっかけに携帯電話メーカーは携帯電話機器の安全性を「意図的に虚偽表示」したとAppleとSamsungに対して集団訴訟を引き起こしました。この集団訴訟の裁判官でさえ、連邦政府機関のガイドラインがテストに関してこのような大きなばらつきを許容しているとは信じられないと言っているのです。

 

連邦政府機関には最新の安全基準がなく、製造業者は公衆の安全性に関係なく利益をもたらす携帯電話を製造しているというのが現状です。そして私たちは5Gという別の問題に直面しています。

 

第5世代移動通信(5G

T-Mobile、Verizonなどの携帯電話社の5Gコマーシャルを既に見ていますが、衝撃的なことに、5Gが安全であることを示すテストは存在しないのです。

  • 2011年、WHO(世界保健機関)の研究機関であるIARC(国際がん研究機関)は、高周波(無線周波数)電磁波(場)を2B(ヒトへの発がんリスクの可能性がある)に評価すると発表しました。
  • 2019年7月22日、「国際EMF科学者申し立て」(International EMF Scientist Appeal)の顧問は、42カ国の科学者248人を代表して国連環境計画(UNEP)のインガー・アンダーセン事務局長に申し立てを再提出し、次世代4G/5G通信技術が植物、動物、人間に及ぼす潜在的な生物学的影響をUNEPが再評価するよう求めました。
  • 2018年11月、米国国家毒性プログラム(NTP)は、3000万ドルの19年間の研究を発表しました。 この研究は、携帯電話の放射線が癌を引き起こし、DNAを破壊するという明確な証拠を発見しました。

 

健康悪化

FCCはこれらの科学的研究を全く無視し、5Gの時流に乗ろうと急いで、数十万の小型セルタワーの展開を開始しました。5Gは「高速大容量」「低遅延」「多数接続」が特徴ですが、これらを実現するためには、4G(第4世代)よりも周波数の高い電磁放射線を使う5Gアンテナを、約100メートルおきに設置する必要があるのです。さらに2018年9月26日にFCCは、5Gに対する州および地方政府からの権力を奪い取る規則を可決しました。異議を黙らせ、5Gアンテナを禁止する規制を防ぎ、短期間で申請を承認するよう州に強制します。そんな中、既に5Gアンテナ地域に住む人々が、人体に影響がでていると報告しています。

  • 試験的な研究で消防署の外に5Gアンテナが建てられました。すると消防士は頭痛や不眠だけでなく、記憶障害と意識障害を訴えるようになりました。そして5Gアンテナが設置されていない別の消防署に移動した後に症状が止まったと報告されています。
  • スイス、ジュネーブの中心部に住む数人の居住者と家族全員が、5Gの基地局が設置された直後から、耳鳴り、激しい頭痛、耐え難い耳痛、不眠、胸痛、疲労の症状を経験したと報告されています。
  • イギリス北部ゲーツヘッドの街には5Gの基地局であるLED街灯が導入されて以来、町民の一部で不眠症や鼻血、死産や流産などの報告が立て続けに発生しています。

 

健康上の問題に加えて、5G導入にもとづきプライバシーはほとんど剥奪されます。 5Gテクノロジーは、州による完全な24時間365日の監視につながっています。5Gの目標は、データを絶えず送信することでモノのインターネット(IoT)と呼ばれるオブジェクトを接続することです。

高度な技術は私たちの将来にとって重要ですが、5Gが一般の人々にどのような利益をもたらすかを真剣に考えてみてください。それは便利さと奴隷制なんです。私たち自身が成長するわけではないのです。まだ 5Gに反対することもできますので、もしあなたがスマートな人ならば下記のサイトをチェックして是非反対運動に参加してください!Wiredのスーザン・クラフォードさんの記事にこう書かれています。「わたしたちが賢い判断を下していれば、先に進む前に解決していたはずだろう。作家のナサニエル・リッチが『ニューヨーク・タイムズ・マガジン』で18年の夏に指摘したように、わたしたちには30年前には地球を救うチャンスがあったのだ。」

https://childrenshealthdefense.org/news/robert-f-kennedy-jr-s-childrens-health-defense-submitted-historic-case-against-u-s-government-for-wireless-harms/?utm_source=mailchimp

https://www.change.org/p/leah-presley-stop-5g

http://www.electrosmogprevention.org/stop-5g-action-plan/10-actions-to-help-stop-5g/

https://www.5gspaceappeal.org/the-appeal/

http://emfsafetynetwork.org/how-to-oppose-small-cell-5g-towers/

 

その他の参考文献:

https://childrenshealthdefense.org/news/the-dangers-of-5g-to-childrens-health/

https://www.forbes.com/sites/zakdoffman/2019/08/24/class-action-lawsuit-hits-samsung-and-apple-over-new-rf-emission-scandal/#426b93d262b2

Table of Contents

https://blogs.scientificamerican.com/observations/we-have-no-reason-to-believe-5g-is-safe/

https://www.nytimes.com/2018/03/02/technology/5g-cellular-service.html

https://newstarget.com/2018-07-31-5g-linked-to-health-problems.html

https://childrenshealthdefense.org/news/robert-f-kennedy-jr-s-childrens-health-defense-submitted-historic-case-against-u-s-government-for-wireless-harms/?utm_source=mailchimp

https://www.jamesrobertdeal.org/firefighters-oppose-5g/

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中